トップページ  PADIライセンス取得  体験ダイビング  FUNダイビング 
 観光  バリ日記  お店紹介  お問い合わせ


  過去の日記
                            


2004年4月12日(月)
バリの民族衣装

今日はバリの民族衣装についてご紹介します。
バリでお祭りがある時は、男性はサロン(腰巻)を着用し、上着は白で、頭にはウダン(鉢巻)をかぶります。女性はサロンを巻き、クバヤというレース地でできた上着を着用します。
スタッフも結婚式などに呼ばれる回数が多くなり、正装を揃える必要がでてきたので安くて良いものが手に入るというトコ・ニョマン(タバナ地区)に行って来ました。
ここでは下は全セットで2千円から、上を見ればキリが無い・・・・・・で、揃える事ができます。スタッフは上下セットで4千円の正装を購入しました。(はりこんだなぁ・・・)
海物語では地元のお祭りに参加できるツアーもご用意できます。(但し日時による)
バリの文化に触れたい方はぜひ参加してみてください。

2004年4月11日(月)
フルムーン!!

昨日から、ツアーに参加いただいてる奈良よりお越しのお客様が、結婚30周年のフルムーン旅行とのことです。
よぉし!!ここは一発想い出に残る旅を!!とのことで、スタッフ一同頭をひねり・・・・(あっ、お天気が助けてくれました)。
今日は、もともと旅行会社様のOPの予定を変更していただき海物語スペシャルとなりました。
天気は上々!!木陰に入ると涼しいくらいの気候に変わってきました。ウブド周辺の遺跡めぐりに始まり途中でフットマッサージ、最後の締めにジェゴグ観賞と盛りだくさんのツアーです。
ジェゴグ会場へは、1時間前に到着。実はこれには訳があります。1時間前だと当然のように1番乗り!!スタッフの許可を得てジェゴグの試し打ち&記念撮影、最前列の確保!!
これも、普通のツアーでは体験できないことですね。最前列で聞くジェゴグは迫力満点!!体の芯から響き渡る演奏に酔いしれました。
皆様、ぜひぜひこの貴重な体験をしてみてくださいね。

2004年4月10日(土)
●●のサテを食べる!!

今日は、午後からクタ周辺のお買い物&ウルワトゥ寺院のケチャックダンス観賞ツアーに行きました。
お買い物といっても、まさかその辺りのお土産屋さんに行ったのでは海物語の名がすたる・・・・とのことで、卸し問屋ツアーとなりました。
皆様観光で来られる方にはお売りしません!!との店長の言葉通り市価の約3分の1!!で、お土産が手に入ります。
お客様も手当たり次第に選ばれ、両手いっぱいになるまで購入されていました。
ウルワトゥ寺院では、名物●●の(内緒・・・)サテ(串焼き)を頬張り、ダンスの観賞となりました。●●のサテも普通のツアーでは食べれない代物です。
まさに、海物語オリジナル!!●●のサテが気になるあなた!!ぜひぜひ、海物語のツアーにご参加くださいね!!

2004年4月9日(金)
日本人大集合!

今日は夕方からショップがバーと化しました。総勢8名お客様がバリの地元の人でも知らないお酒(飲んでみたい方はお店まで来てね!)を買ってきてくれました。
味は少し甘みのある飲みやすいブドウ味。アルコール度数が14%・・・・・これは女性にうける!!(安さん談)
みんなでフルボトルをあけ、生ビールピッチャーに突入。ここは居酒屋じゃね〜ぞ〜(店長)
この海物語のオフィスですが、皆様も気軽に立ち寄ってってくださいね。

2004年4月10日(土)
ヌサドゥアに新しいホテル誕生

ヌサドゥアエリアに新しいホテルが誕生しました。その名はコンディットホテルヌサドゥアです。
真っ白なビーチの目の前で、ロケーション抜群!!通常デラックスルームがUSドル300以上(スタッフには夢のような金額です)!!!スタッフがホテルメインバンクのボスと知り合いということで、特別価格を頂きました。
新築リゾートホテルに泊まりたいというお客様は、海物語HPよりお尋ねください。(写真は後日UPしますね)

2004年4月7日(水)
トランベン復活!!

今日は、イギリスに留学されておられる娘様と長野からお越しのお母様とでトランベンにFANダイビングに行って来ました。
ここ1週間ほど季節の変わり目ということで透明度が極端に落ちていたトランベンでしたが、朝海況のチェックのため現地にTELを入れると復活!!しているので早く来い!!とのことでした。
まぁ、復活といってもそんなにすぐ復活するわけ無いと思っていましたが、潜ってみるとこりゃすげぇ!!の一言でした。
透明度は軽く25mを超え、水温も30.5度と絶好調!!お客様も温泉みたい!!と、大喜びしていただきました。
さぁ!!皆様これから乾季に入ります。透明度もぐんぐんあがり絶好のダイビング日和が続きますよ!!ぜひぜひ、バリにお越しくださいね。
また、フォトコンテストで入選できるような被写体を目指してガイドに精進しますね。

フレーム
2004年4月6日(火)
免許証

今日は、朝から時間があったので免許証の更新に行って来ました。
インドネシアの免許は運転する物によってA〜Cまで表記が変わってきます。Aは乗用車、Bはトラック、Cはバイクです。
スタッフは、KITASという就労ビザを持っているので有効期限が1年間のものを取得できます。ここ、インドネシアでは日本の国際免許証はしようできません。したがって、観光で来られる皆様はレンタカーなどを利用される際は警察にて1ヶ月間有効の観光者用の免許書を取得する必要があります。
バリでは運転マナーがことのほか悪く、バイクは蛇行運転・・・車は割り込み!!で、関西出身のスタッフでも腹立たしいことこの上無し!!!
皆様はよほどなれない限りスタッフに任せる方が安心です。(実際、日本人観光者による事故が急増しています。)
海物語のスタッフ(ドライバー)は10年間無事故を誇っています。これからも、お客様の安全に努め楽しいバリ旅行のお手伝いを心がけていきます!!

2004年4月5日(月)
フットマッサージ

今日は、お店を閉めてからローカルが通う散髪屋さん兼マッサージ屋さんに(お世辞にもキレイとは言えませんが・・)行って来ました。
ローカルが通うだけあって安い!!1時間でRp17500(約220円)!!しかも、めちゃめちゃ痛い!!
ぐりぐり・・・・ぐいぐい・・・。涙をこらえてがまん、がまん。終わった時には足が軽い&ほかほかです。皆様も一度ローカルのマッサージ試してみませんか??

2004年4月4日(日)
空気が震える!!

今日は、夕方からのツアーでウブドのジェゴグをお客様と見に行きました。
ウブドのジェゴグは毎週日曜のみの公演です。SURA SAKITという楽団が行っているもので、ダンスも披露されます。ジェゴグとは、14台の竹でできた打楽器を使用し、最も大きなものは使用する竹が直径30センチ、長さ3メートルもあります。バリのガムランは通常5音階ですが、ジェゴグは4音階。しかも重低音から高音域まで5オクターブもの音を出すので、演奏を聴いていると体がしびれるような感じがします。
演奏の終了には楽器の下にもぐりこみ、実際に空気が震えるのを実感する事が出来ます。
ぜひ皆様もこの圧倒的な迫力を体験してみてください。

2004年4月3日(土)
ブサキ寺院・ウブドツアー

いよいよ3日目、最終日です。今日は朝8時に出発し、まずブサキ寺院に向かいました。
ブサキ寺院には4月の3日、4日と大きなお祭りが行われており、絢爛豪華な装飾が施されていました。その後、ゴア・ガジャ(象の洞窟)、ウブド王宮跡に立ち寄りウブド中心街にて自由散策となりました。夜にはレゴンダンスを観賞し、急いでクタへ戻り、その足で空港へお送りとなりました。
3日間という短いご滞在でしたが、存分にバリの雰囲気を味わって頂けたかと思います。
皆様のバリ旅行が一生の思い出(物語)となりますよう、スタッフ一同、精一杯努めますので皆様のご来店心よりお待ち申し上げております。

2004年4月2日(金)
ツアー2日目

今日はツアー2日目、トランベンでダイビングです。お姉さんはFANダイブ、妹さんは体験ダイビングでした。
お2人様で一緒に潜り、水中で記念撮影をパチリ!!ダイビングの帰路にティルタガンガ(水の王宮)、ゴア・ラワ(○○○の洞窟・・・お楽しみに)、に立ち寄り、な、なんと、この日はスタッフの友達(バリ人)が結婚式という事で、急遽飛び入り参加となりました。
なかなか地元の結婚式に参加するという機会はないので、非常に幸運な出来事でした。その後夕食はレストラン世界百選にも選ばれているNERO BALIで舌鼓を打ちました。
地元のお祭りに参加したいというお客様はスタッフまでお尋ねください。

2004年4月1日(木)
めちゃいけツアー!!

今日から3日間、岡山からホームページからご予約頂いたご姉妹のツアーのスタートです。
スタートの今日は、海物語が誇るバリ島の名所、絶景ポイントを集約しそれを1日で周ってしまおうという名づけて「めちゃいけツアー」です。
朝8;00に集合して、まずグヌンカウイ(バリ最大の石窟遺跡)、ティルタエンプル(聖なる泉の湧き出るお寺)、バトゥール寺院(キンタマーニ高原にあるお寺)、バトゥール湖を眺めながらのランチバイキング、テガガランにてライステラス(棚田の観賞)、タナロット寺院(海の守護神を祀るお寺)、ウルワトゥ寺院(断崖絶壁に建つお寺で夕日をバックに行われるケチャダンスを観賞)、ナイトマーケット(集合屋台での夕食)。
・・・・・と、朝から晩まで盛りだくさん!!滞在期間が短いけど、バリの名所は全て押さえておきたい!!と、いうお客様にはぴったりのツアーです。
少人数でツアーを催行いたしますので(しかも日本人ガイド)、お客様のどんなリクエストにも即座にお応え致します。
詳しくは、メールにてお尋ねください。

2004年3月31日(水)
使えない物 Part 2

またまた出ました!!バリで使えない物です。
前回はクレジットカード(ある会社)でしたが、今回はお札です。そのお札とは、1996年の記号が入ったUS$札です。
換金された際によくお札を見てみてください。アメリカ紙幣には年号が、SERIES1999などと年号が入っています。
そのうち1996と表記されているものは全くといって良いほど使えません。と、言うのもその年に偽札が大量に出回りここバリではほとんどのお店で引き取ってもらえません。
皆様、バリの換金レートは日本円が非常に強く日本からUS$に一旦換金して来る事はないですよ。
(入国の際の観光ビザ代US$25だけは必ず換金してきてくださいね)

2004年3月30日(火)
ご家族で体験ダイビング

今日は,東京からお越しいただいたご家族(お母様と奥様、娘様、ご主人様はお仕事の関係でジャカルタから)とトランベンで体験ダイビングをしてきました。
皆様今日がダイビング初めてということで、スタッフ2人を加えて6人で潜りました。皆様初めての水中旅行にも関わらずおおはしゃぎで楽しんで頂きました。ダイビングの帰路は海物語名物観光!!
今日は時間の関係でウルワトゥ寺院のケチャックダンスをご観賞いただいた後、ヌサドゥアで海老三昧の夕食となりました。
ここSurya Cafeはシーフードで有名なジンバランにも魚や海老を卸しているというご主人の経営するお店です。卸元とあって、新鮮度はピカイチ!!
7人(ドライバーもご相伴にあずかりました)でなんと海老2.5Kg!!塩焼き、ピリ辛ソースをつけての焼き物、茹でにエビフライ・・・・。目の前に海老、エビのオンパレードでした。
しかも、格安!!(ジンバランエリアの半額ほど)です。海老料理を心行くまで味わいたい方は、ぜひ海物語までお申し付けください。

2004年3月28日(日)
季節の変わり目

今日は、東京からお越しのお客様とトランベンでFUNダイビングでした。朝から風も無く絶好のダイビングびよりでした・・・・・が、透明度が10mをきっていました。
うううん、この時期に考えられる事は、季節の変わり目!!
季節が変わる時、必ずと言って良いほどバリの海は透明度が極端に落ちます。しかし、魚の方は絶好調!!ぎんがめの大群が私たちの周りを包むかのように回っていました。
さあ、これからがベストシーズン突入です!!皆様の思い出作りにぜひとも海物語をご指名ください。
スタッフ一同皆様のご来店を心からお待ち申し上げております。

フレーム
2004年3月27日(土)
後輩がやってきた!!

26日の夜東京か以前レスキューからダイブマスターの講習を担当した後輩がバリに訪ねてきてくれました。
彼は現在、横浜の関内にあるMICというダイビング器材量販店にてインストラクターの知識を活かし活躍中です。お客様で、器材の購入をお考えの方はぜひ、立ち寄ってみてください。
的確なアドバイスと、ディスカウントをしてくれるはず??(ちゃんと、言っておきましたので)です。

2004年3月26日(金)
トラベラーズチェック

今日は、バリのトラベラーズチェック(以下略TC)の現状についての情報です。
TCは、盗難などの保障が付いており海外旅行の強い味方ですが、ここバリでは若干事情が違うようです。
まず、手数料の問題。日本でTCに換金する際手数料、保険料が含まれたレートにて換金となっていますね。バリでは、TCからRp(ルピア)に換金する際さらに手数料として現金からの交換レートよりさらに低いレートが適用されています。
次に、ある旅行案内本にバリではVI●AのTCが便利とありますが、現地では全く逆です。まさに最弱!!
どこの換金所でもお払い箱で、全く現金化できません。大きな銀行へ行っても、US$100以上は換金できないやら、午前中のみやら・・・・。もうさんざんです。
AMEXのTCはどこの換金所でも交換できますので、あしからず・・・・。これらを総合して考えると、少々の現金とクレジットカードをお持ちになられるのが一番良いと思います。
現在、海物語でもクレジットカードでのお支払いが可能なように申請中です。器械が届き次第ご報告いたします。

2004年3月25日(木)
超穴場ホテル!!

今日は、皆様にご案内する為にバリらしいホテルはないものかとウルワトゥ寺院付近を探索してきました。
10件ほど廻り、やっと見つけたのがここ LA JOYA です。以前のバリ日記でご紹介した穴場ビーチのドリームランドからまだ奥に進むこと約10分。
目の前に広がる海、クタ、レギャンを一望できるロケーション、まさしくここが南の楽園と呼ぶにふさわしいホテルかもしれません。
オーナーはフランスの方で、部屋からプールの配置、レストランからの眺望どれをとってもすごいの一言!!
しかも、お値段が聞いてびっくり!!これだけのロケーションだと有名ホテルに泊まれば、ん??万円はしそうなものですが、1泊朝食付き(税込み)¥7,000とは格安です。
ほんとうのバリ(ゆっくりとした時の流れ)を味わいたい方にはお勧めです。
このホテルの詳しい内容に関してはスタッフまでお尋ねください。

2004年3月24日(水)
体験ダイビング!!

今日のお客様は、バリにあるウダヤナ大学に語学留学に来られている学生の方々でした。
バリに来られて半年、3ヶ月ということでしたが、みなさんインドネシア語がペラペラ・・・。スタッフは独学でやってきたので、文法もままならず・・・・。
しっかりいちから勉強し直そうと思いました。今日の体験ダイビングのポイントはトランベンです。
季節が変わり目なのか、朝から風が強く波が高いかもと心配しましたが、現地は波も無くプール状態でした。
透明度は17M、水温は28.5度でした。今日の大物は、特大ナポレオンフィッシュ!!小型のものは幾度も見ましたが、今日のは特大サイズでした。
後日写真をアップしますので、お楽しみに!!

2004年3月21日(日)
バリのお正月!!

今日は、バリが新年を迎える日(ニュピ)という日です。今日は、一切火を使ってはならずまたできれば断食して瞑想をして過ごすのがよいとされています。
ホテルも一切の明かりを点けてはならず外出も禁止(違反すると本当に警察に連行されます)。
スタッフも全員田舎に戻り新年を迎えることとなりました。え??日記を更新してるって??この日記も実は明けて22日に書き込みを行いました。
さぁ、バリも新しい年になりました。今年1年も改めてお客様の為にスタッフ一同精一杯がんばって参ります。皆様何卒宜しくお願いいたします!!

2004年3月20日(土)
BALIで温泉!!

今日からニュピ明けまでお店をお休みにしたので、今日はBALI在住の日本人仲間とタバナンにあるイエ・ファナスという温泉に行ってきました。
ここ、イエ・ファナスはお寺の境内から湧き出る温泉をポンプでくみ上げています。
浴槽は全てジャグジータイプになっており、囲いもあり正にプライベート露天風呂!!
景色も目の前を川が流れ、遠くに棚田が広がるという贅沢なロケーションです。
ビールを片手にのんびりと過ごした仲間たちでした。

2004年3月19日(金)
お正月??の準備

ん??今頃お正月とお思いでしょうが、BALIでは3月21日がニュピという日本でいわばお正月にあたる日となります。
今日は、村々の人々がKUTAの海岸でお祈りをあげるために正装に着替えて行進しています。
スタッフも朝からそわそわ・・・・。ちょうど日本の大晦日のような雰囲気ですね。・・・と、言うわけで今日は半日で終了!!となりました。
スタッフたちは蟻の子を散らしたように我が家へと帰っていきました。うううん、国は違えどお正月前ってのは皆同じなんだなぁ・・・。

2004年3月18日(木)
UJIレストラン

今日の晩御飯に、昨日トランベンに潜ったお客様とクタのベネサリ通りにあるレストラン「UJI」に行きました。
ここ「UJI」は日本人のオーナー DEKIさんが始められたお店です。DEKIさんはBALIに来られて3年・・・。サーフィンの腕前もプロ級!!
さらに、ポイントのガイドまでしてもらえます。ここのおすすめは、クラブサンドウィッチ!!ボリュームもたっぷり!!美味しい!!あと、アラック(BALIの地酒)とミックスジュースをあわせたカクテル!!
ついつい飲みすぎてしまいます。このアラック、実はアルコールが40%もあるんですよ。美味しいからといって飲み過ぎには要注意です。
「UJI」レストランの詳しい場所については海物語までお尋ねください!!

2004年3月17日(月)
トランベン

今日は、久しぶりにトランベンに潜りに行ってきました。
最近は、ヌサペニダのリクエストが多くそろそろトランベンに行きたいなぁ・・・・と、思っていた矢先のリクエストでした。今BALIはちょうど雨季から乾季への季節の変わり目で、風が強くなっています。
今日も北西の風が吹き水面はかなりバシャバシャしていましたが、水中に入ってしまうとおだやかでした。
ここ1週間は雨が多く、この日の透明度は12mでした。早く雨季が明けないかなぁと願うスタッフでした。

2004年3月16日(火)
夕日穴場スポット発見!!

うううん、このスポットは秘密にしておきたかったのですが、海物語の日記を読んでいただいてる皆様だけにお教えしましょう。
場所は、スミニャックから北西にあるインペリアル・バリホテルの裏側です。ここには海沿いに数件のレストラン(安い!!)が建っており、夕日の時間になると白人さんのカップルがやってきます。
ここで、カクテルを飲みながら見る夕日は感動ものです。KUTAの喧騒を逃れ、ジンバランの超高級レストランに負けず劣らずのロケーションを求める方にオススメです。
詳しい地図は海物語のオフィスにてお渡しいたしますので、お気軽に声をかけてくださいね。

2004年3月1日(月)
トランベンFUNダイブ&体験ダイブ

今日は、カナダ人ご夫妻のFUNダイブ、日本人卒業旅行のお客様の体験ダイビングで、トランベンに潜ってきました。もちろん今日もトランベンは絶好調!波も穏やかで、透明度は20m程ありました。
体験ダイビング、初めての水中世界体験ということで、日本人の植田様、東様、1本目はだいぶ緊張していたようですが、水中で記念写真を撮ったり、ギンガメアジに囲まれたりしているうちに緊張も忘れてしまわれたようです。2本目は2人とも、かなりリラックスした状態で楽しんでいただきました。
フィンを使った泳ぎ方や、耳抜きの仕方など、かなりダイビングのコツをつかんでいただけたようです。
帰りにティルタガンガ、ゴアラワに立ち寄り、クタに戻ってナイトマーケットへ。丸1日スタッフともどもはしゃいだ一日でした。植田さん、東さん、またきてね!!